精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

ベルタミンの調査結果を大公開!

被害情報が続出している、神経だけは太い危険なサプリ

商品画像
商品名 ベルタミン
販売元 ネクストシーク
通常価格 ¥13800(税込)
成分 マルチデキストリン(デンプン)、コーンスターチ
買い物かごベルタミンを購入する

ペニスがちっさいな~と思って男性向け雑誌を見ていると、ベルタミンの広告がありました。細胞活性にこだわったこれまでにない増大サプリだと言うことで、広告のなかでも喜んでいる人の声が。

中には、長さが10cmから20cmにまで成長した人もいます。そんなに増大するんだったら試してみたくなるのが男ってやつですよね。

あなたもそうじゃないですか?私がベルタミンを調べた結果を今から紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

先に結果を申し上げますと、詐欺でした(T A T)

ベルタミンの効果

ベルタミンは細胞分裂に着目した増大サプリメント。ベルタミン開発筆頭責任者であるロベルト・フライシャー氏によると再生医学を活用し、脳内に働きかけるんだそうです。

そのために、ベルタミンは3タイプ錠剤で構成されています。3タイプの成分数を合計すると60種類にもなります。「豚睾丸」から「アルギニン」までそりゃもう様々です。

そんなベルタミンで増大するメカニズムは以下の3ステップの流れになっています。

  1. 1.ペニスの分裂増殖
  2. 2.血流量の増大
  3. 3.活性脳波でペニスの限界を突破

すごくないですか?

このようなものが通販で手に入るなんて夢のようですし、ベルタミンはその効果から愛用者が全世界に1260万人もいるとのことです。

世界の野球人口が1200万人ですから、ベルタミンは野球よりもポピュラーなんです!

ん?ちょっと待てよ?

それは言いすぎでしょ。

よくよく考えてみると、飲んでペニスが10cm大きくなるとか、細胞分裂の限界を超えるとかそんなもん通販で販売しちゃダメでしょ。

言っちゃ悪いですけど、ペニス増大なんかに使わなくて人命救助に使うべきですよね。てかそんな劇薬、日本では販売できません。

もしかして、詐欺?と思って調べてみたら言ってることのほとんどが嘘でした(笑)

医師が開発した真っ赤な嘘!

ベルタミンの開発責任者のロベルト・フライシャー氏ですが、この人海外の画像素材サイトにいましたよ。

ロベルト・フライシャー氏がベルタミンの開発と同時に画像素材の活動をされていたのなら話は別ですがw

中身はタダのデンプンだった!

ベルタミンの成分表を見てみると、3タイプとも一番多く配合されているのはデキストリン、つまりデンプンです。次に配合されているのはコーンスターチ、つまりこれもデンプンです。

デンプンを飲めばペニスが大きくなるのか?いえ、大きくなるのは糖尿病へのリスクだけです(笑)

その他にもいろいろ嘘ついてますのでこのサプリは買わないほうが無難です。ロベルト・フライシャー氏(笑)のことを真に受けるなら止めませんが。

人は自分の悩みを解決できるかもしれない方法が見つかると、周りが見えなくなるものです。実際、買う一歩手前まで私は騙されました。←いいカモ

悪いのは人の弱みにつけこんでお金を巻き上げようとする輩です。未だにベルタミンのような悪徳な増大サプリが出回っていますから気をつけてくださいね。

そんな増大サプリで失敗しない手っ取り早い方法は、販売数が多いものを選ぶこと。販売数が多いということは、多くの人が長い期間使用しているということなのであなたにも効果がある可能性が高いです。効果がないサプリなんて3ヶ月も飲みませんからね。

では一番販売数が多い増大サプリはなんなのか?それはヴィトックスαです。36ヶ月連続で売上No1をキープしており、販売総数250万箱とも言われています。

ベルタミンの3色錠剤は「赤」がいい?

ベルタミンは1日に3粒の色違いの錠剤を1粒ずつ飲む仕組みになっています。

この手のタイプだと「リザベリン」が有名で、色によって配合されている成分が違います。

ベルタミンの3色錠剤のうちブラウンタブレット、ブルータブレットはデキストリンとコーンスターチの配合量が一番多く、「やっぱりか~」という印象でした。

ただ、この中でレッドタブレットだけはコーンスターチを使っておらず、デキストリンの次に多いのがL-シトルリン、L-アルギニンといった感じで続いています。

さらにBCAA(バリン、イソロイシン、ロイシン)やアスパラギン酸も配合しているため、マカやクラチャイダムに非常によく似た構成と言えます。

つまりレッドタブレットはベルタミンの中でも比較的いいほうなんですが、それならマカやクラチャイダムの純度が高い精力剤を選んだほうが効果的です。

ベルタミンのブラウンタブレットにもマカが配合されていますが、精力成分は基本的にクラチャイダムの方が多いです。

そして、クラチャイダム系精力剤なら「クラチャイダムゴールド」はでんぷんでかさ増しされておらず、純粋にクラチャイダムだけを摂ることができるので、完全に水をあけられてしまっていますね。

ベルタミンにはブラウン、ブルーの2色のタブレットがあって、そちらにはクラチャイダムでフォローしきれない成分が沢山詰まっていますが、それを考えるとやっぱりでんぷんを詰めているのが余計に感じますね。

ベルタミンの副作用

ベルタミンには副作用を発症するような成分は配合されていません。しかし、販売業者が信用できないため、異物が混入している場合もあります。

例えば、中国の怪しい精力剤に多く見られるのが劇薬の混入。天然成分だと原価が高くなってしまうため、安価で質の悪い劇薬を混ぜ使用者に効果があるように錯覚させます。

日本の業者が販売している精力剤にも「シルデナフィル」などの医薬成分が混入されたものが摘発された事例があります。

こればっかりはベルタミンの製造業者しか知らないため、私に知るよしもないのです。何もいいませんからベルタミンはやめておきましょう。

買い物かごベルタミンを購入する

満足できるオススメ精力剤TOP3