精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

イプシトリンの調査結果を大公開!

「マックスオム」の超強化版!25,000円が9,800円で買える!?

商品画像
商品名 イプシトリン
販売元 株式会社アルトルイズム
通常価格 ¥25000(税抜)
成分 L-シトルリン、澱粉分解物、高麗人参末、松樹葉末、ビタミンE含有植物油、L-アルギニン、HPMC、酸化デンプン、ステアリン酸Ca、リン酸三カルシウム、微粒酸化ケイ素、酸化チタン、ビタミンC、ロイシン、バリン、イソロイシン
買い物かごイプシトリンを購入する

イプシトリンは正式名称を「ハイパーマックスオム イプシトリン」と言い、まさに「マックスオム」の完全上位互換品です。

アルギニン(L-アルギニン)、シトルリン(L-シトルリン)を一気に増量したことで、精力効果が大幅強化されました。

それだけ値段も跳ね上がっているんですが、コストを度外視しても早く精力効果を出したいという人にお勧めします。

イプシトリンとマックスオムの違い

イプシトリンとマックスオム、どっちの精力剤がいい?

精力剤にとって大切なのは、どんな成分がどれだけ配合されているかです。
まずはマックスオムとハイパーマックスオム イプシトリンの成分の違いを見てみましょう。
「ハイパー」と付くだけあってさぞかし成分量が多いのだろうと思いますが、実際はどれだけ強化されているのでしょうか。

アルギニン量が激増

イプシトリンとマックスオムの大きな違いはL-アルギニン、L-シトルリンの配合量です。

マックスオム1粒につき85mgだったL-アルギニンが、イプシトリンには1粒120㎎も配合されています。

マックスオムのL-シトルリン配合量は不明ですがイプシトリンには1粒150mgのL-シトルリンが配合されており、アルギニンとシトルリンの相互作用にも期待できます。

イプシトリンの目安量は1日2粒なので、その通りに飲めば1日に付き240mgのL-アルギニンと300mgのL-シトルリンが摂取できます。

もっとも精力剤の中には1日の摂取量でアルギニンやシトルリンが1000mg以上摂れるものもあるので、量で言えば上には上がいます。

しかし、アルギニンはただ多ければいいという訳ではありません。

アルギニンにも海外の合成品(最低ランク)、国産の合成品(中ランク)と質のグレードがあり、イプシトリンは国産で超微粒子化した最高級品のL-アルギニンのみを使っているのです。

アルギニンはランクが高いほど粒がきめ細かくて吸収されやすく、イプシトリンに配合されているL-アルギニンともなれば精力効果が大きく変わってきます。

そのぶんイプシトリンは値段も跳ね上がっているんですが、高くても精力効果を重視したい方なら選択肢に入ると思います。

安くても効果のない精力剤をずっと続けるよりも、思い切って高級品で早く回復した方がトータルでの出費が安くなる場合もあります。

成分の種類が減った?

イプシトリンとマックスオムの成分表を見比べてみると、イプシトリンは成分や素材が大幅に減っています。

イプシトリン L-シトルリン、澱粉分解物、高麗人参末、松樹葉末、ビタミンE含有植物油、L-アルギニン、HPMC、酸化デンプン、ステアリン酸Ca、リン酸三カルシウム、微粒酸化ケイ素、酸化チタン、ビタミンC、ロイシン、バリン、イソロイシン
マックスオム L-アルギニン、HPMC、ステアリン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、カラメル色素、微粒酸化ケイ素、香辛料抽出物、ビタミンB2、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン、L-スレオニン、澱粉、ムクナエキス末、L-シトルリン、、クレアチンモノハイドレード、澱粉分解物、酵母(亜鉛含有)、トンカットアリエキス末、クラチャイダム末、スッポン末、紅蔘末、金時生姜末、マカエキス末、高麗人参末、冬虫夏草菌糸体末、牡蠣エキス末、無臭ニンニクエキス末、ガラナ末、赤マムシ末

トンカットアリやクラチャイダム、スッポンなど、マックスオムに使われていた精力サポート成分がまとめてなくなっているのです。

値段は4倍近くに上がったのに勿体ないと思ったんですが、これはL-アルギニンとL-シトルリンの量が大幅に増やしたぶん他の成分を減らしているということでしょう。

ちょっと勿体ない気もしますが、沢山の成分を少しずつ摂るより少数の成分をしっかり摂った方が成分の効果が発揮されやすいのでこれはこれで良いです。

意地悪い言い方になりますが、マックスオムにアルギニン以外の精力成分がどれだけ入っているか分からないので、確実性で考えればイプシトリンのほうが上です。

イプシトリンは高すぎる!?

イプシトリンは定価25,000円と精力剤の中でも飛びぬけて高価です。

マックスオムが定価6,300円なので約4倍の差がありますね。いくらなんでもこれは正直高すぎます。

しかしそれが毎月1箱ずつの定期購入なら9,800円に大幅値下げされ、毎回「シナジーゼロワン」(通常価格3,800円)というサプリもおまけで同梱されます。

「定期購入は〇か月続けないと解約不可」という縛りもないので、イプシトリンを使うなら断然定期購入の方が良いでしょう。

ただ、超高額な単品価格を見せた後で大幅値下げした定期価格、および定期サービスを見せることで購買意欲を煽るというのはちょっと鼻につく感じがしますね。

値引き額とおまけが豪華すぎて「本当は25,000円も払うような精力剤じゃないんだろう」と思わせるようで、逆効果にすら感じます。

定期前提の商品であることは間違いないんでしょうけど、それでもちょっと定価を高くしすぎですね。

定期購入の付属品「シナジーゼロワン」とは?

シナジーゼロワン

イプシトリンを定期購入した場合、「シナジーゼロワン」という健康サプリメントが1か月1箱ずつ貰えます。

これは単体で効果を発揮するというより、精力剤だけでフォローできない健康成分を補うためのものです。

メーカーの健幸生活健康社(株式会社アルトルイズム)はマックスオムやイプシトリンとシナジーゼロワンを組み合わせることを推奨しています。

シナジーゼロワンが特に推している成分は松樹皮エキスで、このエキスには抗酸化力(老化防止)の強いピクノジェノールという成分が含まれています。

ピクノジェノールは体内の活性酸素を抑制することで血管や細胞の老化を防ぎ、血流改善によって精力の低下も防止できます。

シナジーゼロワン自体は精力剤ではありませんが、精力を維持するための下地づくりとしてはうってつけと言えます。

これにL-アルギニン、L-シトルリンたっぷりのイプシトリンが合わされば鬼に金棒、素晴らしい相乗効果に期待できます。

イプシトリンの総評

イプシトリンは定期購入前提で、シナジーゼロワンと合わせて精力効果をパワーアップさせるのが最適解と考えて良いでしょう。

単品購入の定価25,000円に関してはもうなかったものと考えて良いでしょう。

定期価格でも9,800円は高い部類に入りますが、最高品質のL-アルギニンとL-シトルリンに補助サプリが付くと考えればコスパは悪くない方だと思います。

アルギニン、シトルリン系の精力剤の中では間違いなく品質は上位ランクと言っていいですし、精力アップに確実性を求める人にお勧めです。

買い物かごイプシトリンを購入する

満足できるオススメ精力剤TOP3