精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

精力を食べ物でアップさせる!【最強の食材】を大公開

「すっぽんを食べたら精が付く」「まむし酒を飲めばギンギンに!」など、各地で精力増強に効果のある食べ物がたくさんありますよね。

精力がアップする食べ物を美味しく料理して、精を付けることができるなら、こんなに素晴らしいことはありません。

最近は精力剤の成分にこの素材を配合するなど、そのパワーはかなり期待できるものとなっています。

そこで、精力剤に頼らなくても食べ物だけで精力がアップする食材を大公開したいと思います。

精力アップに最適な食材5選

まず、一般的に「これを食べれば精が付く!」と言われている食材を紹介したいと思います。

にんにく

にんにく
精力がアップする食べ物の中で、おそらく誰もが知っている食材ではないでしょうか。

なぜにんにくが精力に良いと言われているかというと、にんにくには滋養強壮の要となる「スコルジン」という成分が含まれています。

スコルジンはビタミンB1の吸収を高めてくれる働きがあり、疲労回復や血流改善効果が期待できるんですね。

血流改善ができるということは、勃起力や男性機能に必要な血液をスムーズにペニスまで運ぶことができるので、精力アップには欠かせない食べ物として有名なんですね。

また、スコルジンの他にも「アリシン」「亜鉛」「アルギニン」といった性欲や性機能に深く関係している成分も含まれているので、活力の源になる栄養素がすべて詰まっていると言えます。

牡蠣

牡蠣
牡蠣と言えば亜鉛が大量に含まれた食材ですね。

牡蠣1個に含まれる亜鉛の量はおよそ6mgと言われています。

精力剤に詳しくない人でも、亜鉛が男性に良いというのは知っていると思いますが、亜鉛には男性ホルモンのテストステロンを合成する働きをもっているんです。

ペニスというのは、男性ホルモンを分泌する器官でもある訳ですから、ホルモンの分泌量が増えることは、勃起力や精力増強にそのまま直結します。

しかし、亜鉛は体内で生成することができず、食べ物やサプリで摂り入れるしか方法はありません。

亜鉛不足になると、もちろん男性ホルモンは低下していきますから、精力減退の要因になってしまいますよね?

つまり、牡蠣を食べるということは、男性ホルモンを増やすことに繋がり精力アップに関係している大事な食材ということなんです。

山芋

山芋
「ネバネバした食材を食べると精が付く」という話を聞いたことはありませんか?

そのネバネバ食材の中でも、特に精力アップに関係している食べ物と言えば「山芋」です。

山芋のネバネバには「ムチン」という成分が含まれており、人間の粘膜に多く存在しているものです。

ムチンは、タンパク質の吸収を促進してくれるという働きがあり、タンパク質が体内に増えると、細胞の増殖機能が強化されると言われています。

細胞が増殖するということは、すなわち新陳代謝がアップすることに繋がりますので、精子が作られる働きが向上し、精力アップに役立ちます。

ウナギ

ウナギ
ウナギも精力アップの食べ物として有名ですね。

ウナギはビタミン類と亜鉛が豊富に含まれている食材ですが、その中でも特に注目したいのが「ビタミンE」です。

ビタミンEには抗酸化作用があることが特徴ですが、ビタミンEを摂り入れることで、血管が酸化するなどの、いわゆる老化現象を防ぐサポートをしてくれます。

年齢を重ねてもウナギを食べておけば、抗酸化作用の働きで血管を若々しく保つことができますので、血流をスムーズに流すことができ、下半身へのめぐりアップに役立ちます。

つまり勃起力アップの期待がもてるというわけです。

納豆

納豆
山芋に続くネバネバ食材ということで「納豆」も精力アップの食べ物として効果的です。

山芋のネバネバ成分はムチンでしたが、納豆の場合は「ナットウキナーゼ」という成分が精力に関係しています。

ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールを分解してくれる酵素のひとつで、血管壁に付いている、ドロドロのコレステロールを剥がしてくれる効果があるんです。

この働きによって、ドロドロだった血液がサラサラになるので、血流促進作用が期待できます。

精力アップが期待できる食べ物を調査した結果

「精力アップが期待できる食べ物5選」を紹介しましたが、これらの食材で共通しているのは「血行促進作用のある食べ物が精力アップに関係している」ということですね。

2017年5月3日発行の「健康産業新聞」に特集で血流改善素材の紹介と、その効果を示す内容の記事が掲載されていましたが、上記でも解説した「にんにく」や納豆の原料である「大豆(新聞では黒大豆)」は血流改善作用を介した多機能を有するという内容が書かれており、その中に「男性機能向上」効果も含まれています。

健康産業新聞の写真

血流を改善させるということは、新聞で紹介されるほど精力アップには関係していることが分かりますので、信憑性の高さがうかがえますね。

男性の夜の悩みで「勃起力を上げたい」「ムラムラ感を持続させたい」という人もいると思いますが、今紹介した食べ物を積極的に食べることで、体が元気になり男の自信をアップさせることに繋がるでしょう。

満足できるオススメ精力剤TOP3