精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

すっぽんと精力の関係

すっぽんといえば精力食材の代名詞。

「精が付く食べ物は?」と聞かれて「すっぽん」と答える人は少なくないでしょう。

食用はもちろん、精力剤の成分にもよく使われていますし、まさに元気の源といったイメージがありますよね。

しかし、すっぽんが具体的にどう精力に働きかけるかと言われると、答えられる人は少ないと思います。

すっぽんとは

すっぽんは亀の一種で、肉や肝臓、血まで色々な部位が食用や精力剤、サプリメントに使われています。

亜鉛や鉄分などのミネラル、ビタミン、コラーゲンといった成分が豊富なので、貧血解消や美肌などに働きかけます。

食用としての歴史はかなり古く、日本では縄文時代から食べられてきました。

特に食用すっぽんの人気が爆発したのは1980年代のバブル期で、当時の高級嗜好とマッチして大反響を呼びました。

今でもすっぽんは高価なのでなかなか(私のような)庶民には手が出せませんが、健康食品としての粉末やサプリメントは比較的安価で購入できます。

そしてもちろん、精力剤の素材としてもすっぽんは大人気です。

すっぽんの精力効果

すっぽんは交尾に時間をかけるので、それを見た昔の人が「食べれば精力が付きそう」と考えたと考えられています。

実際すっぽんはアルギニンや亜鉛を含んでいるので、勃起力の維持や精子を濃くする働きに期待できます。

さらに浄血作用によって血液のサラサラ化にも役立ってくれます。

むしろこの浄血作用がすっぽんの精力成分の真骨頂と言っても良いかもしれません。

まず、生活習慣病などで血液がドロドロだと血のめぐりが悪くなり、やがて動脈硬化の原因にもなります。

特にペニスの血管が細く硬い状態になってしまうと血がきちんとめぐらず、EDになってしまうのです。

そして、ほとんどの精力剤は血管を広げてきちんと血が流れるようにアルギニンやシトルリンを配合しています。

スッポンが精力剤の素材に使われる場合は、浄血作用を持ったリノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸といった不飽和脂肪酸を含んでいるのがカギになっています。

不飽和脂肪酸とは

「脂肪酸」と聞くと、なんだか凄くギトギトしてそうな嫌な響きに思えますが、むしろその逆です。

脂肪酸は生命維持に必要な「脂質」の一種で、その中でもリノール酸やα-リノレン酸は不飽和脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸には血中の中性脂肪やコレステロール値の調節をサポートする働きがあり、普段食べているナッツ類やオリーブオイルなどからも摂取できます。

リノール酸(必須脂肪酸):血中コレステロールの低下効果、動脈硬化の予防効果があるが、悪玉コレステロールと共に、善玉コレステロールまで低下させてしまうといわれている。

山田養蜂場

「脂肪」酸とは言いますが、実はむしろ太り気味の方にこそ不飽和脂肪酸はおすすめです。

ただ、リノール酸を過剰摂取すると効果が強すぎて善玉コレステロールまで低下させてしまうので、気を付けてください。

すっぽんの副作用

すっぽん自体は安全な食品です。しかし、食べ過ぎやすっぽん配合の精力剤を過剰摂取すると体調を崩すリスクが高いです。

先述のリノール酸過剰摂取によって善玉コレステロールに悪影響を及ぼしますし、血液のめぐりも良くしすぎるのも問題です。

ケガをした時に血が止まらない、血が固まらないなどで傷の治りが遅くなる場合があります。

そして、降圧剤などの血圧を下げる薬を服用している方はすっぽん、またはすっぽんを配合した健康食品を利用する前に医師の判断を仰ぐのをお勧めします。

すっぽんの血行を改善して血圧を下げる効果と薬の効果が重なって、体調に異常をきたす恐れがあります。

満足できるオススメ精力剤TOP3