精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

シトルリンと精力の関係

シトルリンの効果

シトルリンはアミノ酸の一種で、食品では主にスイカやメロンなどのウリ科の植物に多く含まれています。

体に活力を与えるのはもちろん、ペニス増大や妊活に有効な成分としても人気が高く、男性にも女性にも有効です。

かつて医薬品扱いだったのが2007年に健康食品に使えるようになり、今や精力剤の成分の中でも特にメジャーになりました。

このページではシトルリンがなぜそんなに人気があるのか、副作用はないのかを紹介していきます。

シトルリンの精力効果

シトルリンの主な効果は体内でアルギニンを作り出すことです。

アルギニンは血中でNO(一酸化窒素)を産生する働きがあり、NOが血管を拡張することで血行改善が期待できます。

血管が細く硬いとそれだけ体内に巡る血液の量が減り、ペニスに血液が回ってこないと勃起できません。

しかしアルギニンによって血管を拡張すれば通り道が広がったぶんペニスに回ってくる血液の量も増えるのです。

精力剤やペニス増大薬にシトルリンが配合される場合はこの効能を強くアピールしている傾向にあります。

ペニスを大きくするには勃起を繰り返して海綿体に何度も血液を送ることが大切なので、そのためにシトルリンが重宝されているんですね。

シトルリンでペニスは増大できる?できない?

ペニスの大きさで悩む人にはシトルリンのペニス増大効果が気になっていることでしょう。確かにシトルリンはペニスサイズ増大できないこともありません。

まず血管を拡張し、血流を増大させることでペニスにある海綿体に血液を充満させやすくする。ただ、ここまではただの勃起です。増大にはつながりません。

必要なのなもっと海綿体に血液を送り込むこと。海綿体はスポンジのような組織ですので、血液を送り込めばこむほど膨らんでいきます。

つまり、海綿体から出ていく血液より海綿体に入る血液が多くなればより膨らみ、増大につながる」というわけです。

シトルリンの効果で血流をよくすることで、より海綿体に血液が充満し、パンパンに膨れ上がることで、結果的に増大につながります。

もっとも、シトルリン「だけ」でペニス増大できるかといわれると難しいです。

ペニスを増大させるには食事や健康にも気づかい、毎晩22時くらいには寝て成長ホルモンをしっかり分泌させるなどの工夫もする必要があります。

いくらペニスを大きくしたいからと言って急に健康的な生活を意識しだしてもかえってストレスになって逆効果ですし、よほどの覚悟がない限り難しいでしょう。

高額なペニス増大薬の中にはサーモグラフィーの比較画像を使って「〇か月で〇〇cmアップ」なんて広告を出しているところもありますが、それも全部本当とは限りません。

アルギニンがあればシトルリンはいらない?

シトルリンが体内で変換されてアルギニンになるのを待つより、最初からシトルリンを摂ればいいじゃないか?とよく言われます。

しかし実際はシトルリンとアルギニンを両方摂った方がバランスが良いです。

アルギニンとシトルリンを組み合わせて摂取する事で、単独で摂取するより血中アルギニン濃度が上昇しやすいことが実験で証明されています。

凄十

画像引用:協和発酵バイオ

アルギニンとシトルリンは相互作用で変換しあう働きがあり、その時にNOを産生します。

どちらか片方が多いよりは両方とも同じくらいのほうが効率のいい精力サポートが出来るので、精力剤を選ぶ時はアルギニンとシトルリンが両方とも配合されたものを選ぶのが有効です。

この条件を満たした精力剤は「マカエンペラー」が良い例で、アルギニンとシトルリンの変換サイクルを強く意識したつくりになっています。

マカエンペラーは精力剤の中でも比較的安価な部類に入るので、アルギニン×シトルリンの相乗効果を実感したいならまずこれを選んでみても良いでしょう。

シトルリンの副作用

シトルリンはもともと医薬品扱いされていた成分なので、危険性があるのではないかと心配な方は多いと思います。

日本でシトルリンが認可されたのは2007年ですが、今のところ人体に害を与えた例や、副作用がでたなどの報告はありません。決められた摂取量を守っていれば副作用の心配はないでしょう。

ただ、シトルリンは尿のサイクルにも関わっていますので、いつもよりおしっこが出ることもあります。また、体毛が濃くなるという噂も聞きますが、全く根拠がありませんので、ご安心ください。

満足できるオススメ精力剤TOP3