精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

蜂の子と精力の関係

蜂の子は古くからタンパク源として伝えられており、食用や精力剤の成分として使われています。

佃煮にして食べたことがある、という方もいるでしょう。

蜂の子とは

蜂の子は主に蜂の幼虫やサナギを食材に使ったものです。

ミツバチやスズメバチ、アシナガバチなど、色々な種類の蜂が使われています。

たんぱく質やビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、脂肪酸が含まれています。

さらに、最近の研究では耳鳴りの改善やストレス緩和にも蜂の子が効くということが明らかになりました。

さらに聴力検査の結果、蜂の子グループでは、試験食の摂取後に、より聴こえやすい方の耳(良聴耳)で、2,000 Hzおよび4,000 Hzにおける聴力の回復がみられました。

一方、プラセボグループでは、より聴きづらい方の耳(難聴耳)で2,000 Hzにおける聴力レベルが低下し、良聴耳でも低音域における聴力レベルが低下していました。

また、血液検査から、蜂の子グループでは、ストレス時に分泌されるホルモン「コルチゾール」の分泌が低下していることがわかりました。

みつばち健康科学研究所

ストレスを感じた時に分泌される「コルチゾール」というホルモンは加齢とともに増え、耳鳴りや難聴の原因になります。

蜂の子にはそのコルチゾールの分泌を防ぐ働きがあり、リラックス作用にも期待できます。

精力剤ではなく、蜂の子そのものをサプリにしている場合は耳鳴り改善の需要が高いです。

蜂の子の精力効果

蜂の子には亜鉛やアルギニンといった精力剤でおなじみの成分が含まれています。

蜂の子を1日にたくさん食べれば精力剤を使わなくていい・・・とまでは言えないので、蜂の子も食べつつ精力剤も使うという二段構えが良いでしょう。

ただ、蜂の子にこだわるなら中国やタイの安い輸入物より、奮発してでも国産の高級品を買った方が品質や安全性に期待できます。

蜂の子はお酒のおつまみにも向いていますが、お酒のアルコールが精力を減退させてしまうのに気を付けてください。

私たち人間の体はアルコールを分解する際にビタミンCや亜鉛を消費してしまうため、せっかく蜂の子から摂った成分が台無しになってしまいます。

しかしお酒は絶対飲んではダメというわけでなく、適量なら問題ありません。

人間は気持ちがおおらかな時の方が勃起しやすいので、少しだけ飲んでリラックスした方がむしろ調子がいいという人もいます。

ただ、酔った勢いで女性に抱き着いたりするのは絶対にやめましょう(;^_^A

蜂の子の副作用

蜂の子は化学成分や医薬品ではなく食品なので、副作用はありません。基本的には問題なく利用することができます。

食べ方に気を付けるとしたら生きた蜂をそのまま食べるか、食べ過ぎてしまうくらいです。

また、その辺で捕まえてきた蜂を捕まえて自分で佃煮にするのも危険です。

どんな寄生虫や雑菌がついているか分かりませんし、その人の体質によってはひどい健康被害が起きる恐れがあります。

蜂の子を食べる時は、きちんと商品として加工されたものを購入するようにしましょう。

満足できるオススメ精力剤TOP3