精力剤セレクトロゴ 【精力剤セレクト】とは、厳選した精力剤を紹介しているサイトです。
サイト内に「スレッド」を設置し、リアルな口コミを参考にすることで、
本物の精力剤を見つけることができます。
         

アルギニンと精力の関係

アルギニンの精力効果

アルギニンほとんどの精力剤に配合されている成分で、もはやアルギニン抜きに精力剤は語れません。

「マカ」や「クラチャイダム」が精力素材として人気なのもアルギニンを含んでいるからです。

今回はアルギニンにどんな精力効果があるのか、副作用の心配はないのかを解説していきます。

アルギニンの精力効果

アルギニンはアミノ酸の一種で、疲労回復や体力増強、成長ホルモンの分泌補助などの効果を持っています。

なぜアルギニンが精力成分として注目されているかと言うと、血行促進効果があるからです。

シトルリンは、体内でNO(一酸化窒素)の生成を高め、血管を拡張する作用があることが解明されています。血管を拡げ血液の流れをスムーズにすることで、健康に対する様々な効果が期待されます。

協和発酵バイオ

アルギニンは血管内で一酸化窒素(NO)を産生し、血管を広げる効果を持っています。

血管(血液の通り道)が広がればそのぶん循環する血液が増え、体に栄養を運ぶ働きや代謝も高まるので、体のリフレッシュが実感できます。

精力剤が「若々しい体を取り戻す」「めぐりをサポートする」なんて宣伝しているのは、だいたいアルギニンのこういった働きのことを言っています。

そして、血行は加齢やストレス、肥満、食生活の乱れなどで悪化しやすいです。

「最近疲れ気味で朝になっても疲れが取れない」、「メタボで血液がドロドロ」という実感がある方は、すぐにでも血行改善を考えた方が良いでしょう。

アルギニンと相性の良い成分

アルギニンは単体でも効果に期待できる成分ですが、シトルリンと合わせるとさらに効果に期待できます。

それは、シトルリンにNOの生成をサポートする働きがあるからです。

アルギニンはもともと体内で作れる成分で、それが勃起を促してくれるんですが、加齢によって産生量が減っていきます。

したがって、年を取って衰えを感じるのはアルギニン不足によるNOの減少とも考えられるのです。

しかしNOの産生能力はシトルリンでも高められるため、アルギニンとシトルリンを両方摂れば精力増強に期待できます。

そして実際、そのダブル効果に目を付けた精力剤ももちろんあります。

今注目を集めている精力剤でいえば、マカエンペラーバイタルアンサーマックスオムが該当します。

アルギニンの注意点

アルギニンは血液のめぐりを促進してデトックス作用を及ぼすので、尿が出やすくなる場合があります。

電車に乗る前や会議の前など、なかなか席を立てないようなタイミングでは、アルギニン入りの精力剤やサプリを控えた方が賢明です。

また、アルギニンは強アルカリ性の成分なので、アルギニン量の多い精力剤を飲むと胃が荒れる場合があります。

精力目的でアルギニンを摂取する場合は毎日3000mg(3g)摂るのが望ましいですが、それを精力剤やサプリだけで済ませようとするのはかなり危険です。

そのため、アルギニンを大量に摂る場合はアルカリ性を中和してくれるクエン酸のサプリと合わせるのをお勧めします。

少なくとも国内の精力剤でアルギニンが一度に3000mgも摂れるものなんてありませんが、これは安全を考えてのことです。

世の中にはアルギニン以外にもトンカットアリやシトルリン、まむしなど、血行サポート成分が沢山あるので、精力剤はアルギニンが足りなくてもそういった成分でカバーしている場合が多いです。

満足できるオススメ精力剤TOP3